BLOG

名取市サイクルスポーツセンター 名取ゆりあげ温泉「輪りんの宿」

2020.09.24

自転車乗りの私

2020年10月3日。
名取市は閖上に新しい温泉・宿泊施設ができます。
名取市サイクルスポーツセンターと
名取ゆりあげ温泉「輪りんの宿」。

私は若いころから自転車乗り。
高校や大学の同級生は
私=自転車、ダンス、DJ
のイメージがあると思います。

私の愛車(DEDACCIAI)


自転車のことを話すと長くなるため、
私のトピックをまとめてみました。
(どこかのタイミングで詳細を書きたいと思います)

ロードレースに出場(真ん中の青ジャージが私)



中学
・自転車に目覚める

高校
・仙台~千葉 往復
・東北一周

大学
・南三陸サイクルロードりくぜんたかた
 というロードレースに参加 二年入賞
・仙台~山形 往復(奥羽山脈峠越え)
・日本最北端宗谷岬~仙台市 縦断



日本最北端宗谷岬~仙台市 縦断中






自転車に目覚める

自転車をはじめたのは確か中学3年生の頃。
スキーやモーグルを一生懸命やっていた”夏のトレーニング”として
自転車をこぎ始めました。

当時、仙台市泉区に住んでいた私は手始めに
祖父母の家まで自転車で行ってみることに。

最初は父の実家の槻木(往復約60km)。
親の運転で見慣れたルート。
車だとスルーしがちな自転車ならではの景色、
自力でこいでいく達成感が心地よかったです。

慣れてきたら一泊二日で母の実家、栗原市へ(往復約140km)。
4号線をひたすら北上しました。
まだ見たこともない場所を通る。
男ならではの冒険心に掻き立てられました。

仙台~栗原往復(当時中学三年生)



高校に入り

受験も無事合格し、泉から仙台高校に通うようになりました。
最初はおとなしく電車で通っていましたが、
高校生活に慣れてきたらすぐさま自転車で通います。

国見にある仙台高校。
泉から北仙台~福祉大前を通り国見に抜けました。
最後は結構な上り坂。
今でこそ自転車マンガは弱虫ペダルが有名ですが、
当時は「シャカリキ」を読んで
自分と照らし合わせ鼓舞していました。

PABLO後方の本棚に置いていますよ。

シャカリキは全巻本棚に
手前からDEDACCIAI、街乗り用ピスト、GIANT(役目を終え引退)



自転車乗りとして、
名取にこういった施設ができるのはとても嬉しいです。
新しい観光スポット、サイクル施設の拠点となり
地域の活性化になってもらえればと思います。

当店には空気入れなどもあるので、
お気軽にお立ち寄り下さい。

二代目マスター 辰